グローバルナビ
  • トップページ
  • 会社案内
  • 無料査定
  • お問い合わせ・ご相談
  • サイトマップ

不動産屋のここだけ日記

HOME >  不動産屋のここだけ日記

不動産屋のここだけ日記

個人賠償責任保険の特約

赤信号で交差点に入った自転車を避けようとしてトラックが建物に衝突し運転手が死亡した事故で

重過失致死罪に問われた96歳の男性が禁固1年4月、執行猶予3年を言い渡されました。

被告が自転車、被害者が車の事故で、過失致死罪ではなく重過失致死罪・・・

今までの感覚だと少し厳しい判決のように思いますが、最近は自転車事故が多くなっているので

世の中の流れに沿った、妥当と言えば妥当な判決かもしれません。

今回、加害者となった96歳の男性、刑事責任だけでなく当然、民事責任(賠償責任)も発生します。

乗っていたのが自転車だからといって賠償額が軽減される事は無く自動車事故となんら変わりが

無いものとされているようです。  ま、そりゃそうだ (^^;)。

自動車の場合、強制賠償保険が義務付けられ、任意保険にも入る方がほとんどだと思いますけど

自転車の保険に入っているのは、高校生が入学時に任意加入した時くらいでしょうか?

じゃあ自転車保険に入らなくっちゃ って思われた貴方は責任感の強い良い人ですね (^-^)

しかし、ひょっとしたら もう既に加入されているかもしれません。

いわゆる個人賠償責任保険の特約ってやつですね!(自転車の事故にも対応します)

この個人賠償保険は火災保険、傷害保険、積立型の火災保険や傷害保険、自動車保険にも

個人賠償責任保険の特約をつけることができ、賃貸住宅に不動産屋を通されて入居された

方ですと、賃貸住宅総合保険に知らない内に加入されている人が多いと思います 笑

ほとんどの賃貸住宅総合保険には、この個人賠償責任保険特約がセットされているんです。

以前にも賃貸住宅総合保険は、なかなか使える保険ですとブログに書かせて頂きました。
( 賃貸物件入居時の火災保険 ・ 賃貸物件入居時の火災保険 Part2 )

そして、この保険の使えるところが保険料の安さだけでなく対象となる人の範囲が広い事

対象となる人は、・本人・配偶者・同居の親族。生計を一にする別居の未婚の子

ようするに、その家の誰かが加入していれば、ほとんどのケースで家族全員を

カバーすることができるという事なんですね (^-’)b

但し、車の保険と違って示談交渉サービスが付いていないのが大半です。

しかし、最近では示談交渉サービス付きのものも発売されていますから、ご自身が加入

されている保険を、もう一度確認されてみる事が良いかと思います。

◆ブログランキングに参加しています!◆
下のバナーをクリックしてご支援よろしくお願いします!
  、


まずこちらをポチッ
banner2.gif
もひとつポチッとな!
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

※当ブログはリンクフリーです。(リンクされる場合、承諾は不要です。)

comments (6) | trackbacks (0)

なにっ?このアクセス数!

昨日、リプラス破産の記事を掲載させて頂きましたが、そのせいでアクセス数が急上昇!!!

朝、アクセス数を確認すると・・・ んっ? いつもより多いなって感じ

昼、再度確認・・・ なっ なんなんだ このアクセス数は?

 オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

リンク元をたどると、yahoo検索ランキングの 急上昇ワードランキング(リプラス破産)
に関連ブログとして、 「不動産屋のここだけ日記」 が掲載されているではないか!

フンフン納得・・・ って これじゃあ、いつものようにダラダラした記事が書けない (^^;)。

って思いましたが肩に力が入ったら、ますます書けなくなってしまいます。

だから、 まぁ いつもの感じでさせてもらいますね 笑

とりあえず家主さんが、しなきゃいけないのは、入居者にリプラスへ家賃や保証料を
送金しないように、すぐに連絡をする事が大切です。

じゃあ明日、通知書を作って・・・ とか言ってる場合ではありませんよ!

携帯等の連絡先が判るのであれば、すぐに連絡をして事情を説明しなきゃいけません。

今回、リプラスは民事再生法ではなくて破産なのです。

いくら一生懸命、リプラスに電話したって、話中か仮に電話がつながったとしても
有力な情報が得られないどころか、電話をとった社員の人達だって自分自身が
これからどうなるかもわからない状態だと思います。

インターネット銀行であれば、携帯電話から24時間振り込み可能な銀行もあります。

だから、今は一刻を争う時なのです!!!

先日、破綻したリーマン・ブラザーズに465億円を誤送金したドイツの金融機関が
「愚かな銀行」として話題になっていましたが、破綻した会社に一旦、振り込むと
いくら間違いだって言っても、そう簡単に返してくれないというか無理! 
※9.26リプラスHPにて破産手続き開始決定日以降、集金代行会社によって
 賃借人口座から自動引落しされた 賃料については返還されるとのことです。
 (延滞家賃振込み分については記載無し)


後の事は、じっくり考えるとしても被害がこれ以上、広がらないようにする事が先決です。

それと、タイミング良くσ(^.^)の会社のFAXに家賃回収専門会社、報酬は成功報酬
なので安心!!! ってな書面が送られてきましたが、これも少しあやしい気がします。

具体的なアドバイスが、できれば良いのですがσ(^.^)の会社はリプラスと取引が無い為
保証契約がどうなっているのかもわかりません。

今は、先程お伝えした入居者への連絡を最優先課題とし、情報収集するしか方法がないかと・・・

又、新しい情報があれば、お伝えさせて頂きます。、

◆ブログランキングに参加しています!◆
下のバナーをクリックしてご支援よろしくお願いします!
  、


まずこちらをポチッ
banner2.gif
もひとつポチッとな!
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

※当ブログはリンクフリーです。(リンクされる場合、承諾は不要です。)

comments (4) | trackbacks (0)

賃貸保証会社リプラス破産

今日、仕事+私用で神戸に行ってきましたので、その記事を書こうとしたら

なにやら σ(^.^)の会社と提携している賃貸保証会社(リプラス以外)からの緊急メール・・・

開封すると、賃貸保証会社リプラスのIRにて破産手続き開始決定がでましたとの内容

そして、現在リプラスをご利用している入居者様の保証を、弊社でお引受する準備が
整いましたとのお知らせ! (仕事が早いな~)

当ブログでも8月20日に某賃貸保証会社の株価が、連日ストップ安しているので
情報収集及び対策をご検討下さいとの記事を掲載させて頂いていました。

8月20日の記事・・・・・ 「本日ストップ安!」

当時、当該保証会社が存続している関係上、会社名を公表する事ができませんでしたけど
この度、破産したリプラスの事でした。 

この業界では、株式を上場している大手の賃貸保証会社だけに影響が懸念されます。

破綻を予想する事はできましたが、大きな会社だけに業界全体の信用収縮等
間接的な問題を含めると計り知れないものがあると思います。

今回も破綻したウィル賃貸保証(大阪)と同様、受け皿会社が手を挙げているものの
保証会社の構造上のシステムが改善されない限り、これから注意が必要かと考えます。
※受け皿と言ってもリプラスから業務をそのまま引き継ぐわけではありません。

とりあえず、当ブログをご覧頂いている方々に、一刻も早くお知らせねばと考え
緊急のお知らせとさせて頂きました。

◆ブログランキングに参加しています!◆
下のバナーをクリックしてご支援よろしくお願いします!
  、


まずこちらをポチッ
banner2.gif
もひとつポチッとな!
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

※当ブログはリンクフリーです。(リンクされる場合、承諾は不要です。)

comments (4) | trackbacks (0)

凄まじい落雷!

今日の夕方の事ですが、ものすごい雷とゲリラ豪雨にみまわれました。

ちょっと前、他のブロガーさんのブログに、その様子が書かれていましたけど。

σ(^.^)の会社や自宅周辺では、そのようなひどい状況にならなかったので
ここら辺には来ないのかな? 

と思っておりましたが、とうとうやってきました。

いっや~ 噂には聞いてましたけど、今年の雷はすごい!!!

ジャンジャン、バリバリ、30分位の間に近所で何発くらい落ちたんでしょうか?

窓全体がフラッシュを浴びたようになると同時にピシッ! バリバリバリの波状攻撃 

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

幸い会社の建物に直撃はまぬがれましたけど、本当にすごかった・・・

もし、その時に案内が入ってしまったら命がけの案内!(実際に入っても絶対に行きませんが 笑)

今年は、なんと平年と比較して4倍強の落雷が発生しているそうです。

先日、台風やゲリラ豪雨の被害等は、火災保険が適用になる事を、お話しさせて頂きましたが
落雷によって、その衝撃で建物に損害を受けた場合も損害を補償してもらえます。

又、家財保険に入っていれば、落雷によってパソコン等の電化製品に損害があっても
保険が適用されます。 

風災や雪災(豪雪・雪崩)は損害額が20万円以下の場合、補償されませんが落雷での損害は
20万円以下でも補償されるとの事です。

又、家財保険に入っていない場合、テレビのアンテナ(電化製品?)は、補償されるのか? 

って話しになりますが、アンテナは建物の一部としてみなされ火災保険が適用されるそうです。

但し、価額協定特約(再調達価額)が付帯されていないと修理費用全額が支払われるとは限りません。


最近は火災保険だけでなく傷害保険や自動車保険にも家財の補償を特約として付帯されてる
ケースがあるようです。

もし、突発的な損害を受けたら、念の為に他の種目の保険も確認された方が良いと思います!

保険に入っていても、その事を知らずに、まったく補償を受けられない方が意外と多いみたいです。

火災保険の適用範囲は、本当に知らなきゃ損ですよ! (^-’)b

※上記の内容は加入されている火災保険の契約内容によって保険適用の範囲が
 異なる場合がありますのでご注意ください。


◆ブログランキングに参加しています!◆
下のバナーをクリックしてご支援よろしくお願いします!
  、


まずこちらをポチッ
banner2.gif
もひとつポチッとな!
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

※当ブログはリンクフリーです。(リンクされる場合、承諾は不要です。)

comments (3) | trackbacks (0)

台風が来ないと困る?

今年は、台風がなかなか来ないですね!

もちろん、台風が来ないに越した事は御座いませんが、世の中には台風が来る事を
節に願う商売があります。

台風によって引き起こされる災害は風害、水害、高潮害、波浪害などがあり、これらが
単独で発生する事は無く、複合して発生し大きな被害となってしまいます。

浸水により畳や床が水浸しになったり、風であおられてアンテナや瓦が飛んだりと
被害の大きさに限りがありません。

実は、以前にも当ブログでお話しさせて頂きましたが、台風等の風水害で20万円以上の
損害がでた場合、火災保険が適用され保険金がおりるのです。

これが、個人の実費だと値切られますけど、保険金がおりるとなれば、ほぼ定価の値段で
工事を発注してもらう事ができます。 (保険がでる場合、皆さん太っ腹! 笑)

それで、工事関係者(アンテナ業界・瓦屋)なんかは、人命にかかわらない程度で
強烈な台風が定期的に来て欲しいと願うのです。 (矛盾した願いですね・・・)

最近、各地でゲリラ豪雨の被害が続出していますけど、こちらも火災保険が適用される
可能性があります。 (落雷や土砂崩れ等もOKです)

もし、被害にあわれた方は、保険会社に確認してみましょうね!

※上記の内容は加入されている火災保険の契約内容によって保険適用の範囲が
 異なる場合がありますのでご注意ください。


◆ブログランキングに参加しています!◆
下のバナーをクリックしてご支援よろしくお願いします!
  、


まずこちらをポチッ
banner2.gif
もひとつポチッとな!
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

※当ブログはリンクフリーです。(リンクされる場合、承諾は不要です。)

comments (4) | trackbacks (0)

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
当日記について
当日記について
今西祐司

今西  祐司

この日記は不動産の事だけに限らずその時にあった事、感じた事、こぼれ話に書けなかったイエローゾーンの、お話等々を書き込んでいきたいと思います。
又、お得情報があれば、随時書き込みますので、宜しくお願いします。

カレンダー
カレンダー
<< 2023年 2月 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
カテゴリー
カテゴリー
アーカイブ
アーカイブ
サイドメニュー
無料査定
  • 不動産情報
  • 不動産屋のここだけ日記
  • ここだけ
  • サービス案内
  • お取引の流れ
  • よくあるご質問
  • 不動産こぼれ話